忍者ブログ

クッキー手帳の秘密

おいしさの秘密がつまっています

乳酸菌の力を借りて

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

乳酸菌の力を借りて

アトピーだと大変に苦しい症状になります。

暑い寒いを問わず1年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。


夏は汗のせいでかゆみが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。

そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに摂取してしまうと、痒みだけでは収まらず腫れてしまったり、呼吸困難に陥ることもあります。この数年、乳酸菌がアトピーに効くことが判明してきました。ご存知の通り、アトピーの引き金となるものは色々ですが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって引き起こされるケースもあるでしょう。また、アトピー患者の多数は腸内の状態が乱れているため、乳酸菌を使って腸内環境を整えることがアトピーを完治する手段となります。
わたしの母は重度のアトピー患者です。遺伝していたようで、私もアトピーを発症しました。

肌がボロボロになってしまって、毎日の保湿ケアが欠かせません。
お肌のスキンケアを怠ってしまうと、外出も厳しいのです。

母のせいではないですが、いつか、私の子伴にも遺伝してしまうのかと思うと、怖くなってしまいます。
花粉症となってしまって以来、乳酸菌飲料を摂取するようにしました。二年前から花粉症を発症し、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。薬を服用するのは気が乗らなかったので、この間、テレビで紹介していた乳酸菌サプリを飲んでみました。現在の段階では、これにより花粉症の症状を抑えられています。

 

乳酸菌を過剰に摂取し立としても特に副作用を心配する必要はありません。ただそうは言いますが、いくら体に良くてもヨーグルト(ソフトヨーグルト、ハードヨーグルト、飲むヨーグルト、フローズンヨーグルトの四種類に分けられます)等で過剰摂取すると、カロリーのオーバーする可能性もあります。消化吸収できる量にも限界というものがあるので、そう考えても、常識的な量を守っておくと確かでしょう。
ご存知の通り、アトピーの改善には食事も効果的です。


アトピーに対して効果的な食べ物を心がけることで綺麗な皮膚へと生まれ替ることができると言われています。


胃腸などの消化器系へ配慮して免疫力に影響がある成分としてヨーグルト(ソフトヨーグルト、ハードヨーグルト、飲むヨーグルト、フローズンヨーグルトの四種類に分けられます)と大豆食品などを毎日バランスよく摂取していくとアトピーの改善に良い方法です。オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分としてクローズアップされています。
オリゴ糖を添加された乳酸菌は活発になり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、内臓環境を整調してくれます。

そう考えても、乳酸菌、オリゴ糖は両方とも内臓のはたらき向上や健康には必須な成分ということができます。乳酸菌が身体に良いということは有名な事実ですが、実は有効ではない説もあります。この説も、本当かもしれません。その訳は、体質には個人差というものがあるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。一度試して自分に合うかを確認してから考えてちょうだい。アトピーを改善すると噂されている入浴剤をサンプルで頂きました。
どんな商品でもそうですが、少しだけ使ってみないと結論を出せないものです。


サンプルの入浴剤は肌によく馴染んで、自分に合う感じでした。ヒリヒリする事もありませんし、皮膚がつっぱる事もなくて、水分をよく保持します。ツボで便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)に効果があると有名な、おへそから両側に指に2本分程度離れ立ところに天枢(てんすう)です。


また、おへその下5cmくらいのところに存在する腹結(ふっけつ)というツボも効果があります。手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。便秘(排便時に時間が掛かったり、痛みを伴ったりします)の種類によっても、効果的なツボはちがうので、自身に適したツボを押すと改善が見られやすいでしょう。

頻尿 対策

PR

コメント

  • Home

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

P R